犬の散歩のときのしつけについての関連情報

犬の散歩のときのしつけ についての世間の噂?

犬のしつけの中に「こい」というのがあります。次に「伏せ」というしつけがあります。それが済んだらいよいよ外に散歩ということになります。外の散歩をするときには、外の世界と言うのは犬にとっては刺激がたくさんあるところです。

大体生後4ヶ月ごろから犬の散歩というのは可能になります。何事も最初からうまくはいきません。こうして犬が飼い主のもとまで来るようにしつけていきます。また散歩のときはリードを短めに持つようにして、犬が違う方向に行こうとしたら引っ張って誘導をするようにします。

続きを読む

犬のしつけ方のコツの豆知識

このブログでは、犬のしつけ方のコツのことを取り上げます。

犬に人間の言葉をたくさん覚えさせようとしても無理がありますよね。とは言っても犬って可愛いですよね。犬をしつけるためには、まず飼い主が犬のリーダーになる必要性があります。また、犬はいたずらをすることもよくあります。

叱るときも誉めるときも同様の事なのですが、何か犬がいい行動や悪い行動をした直後に誉めたり叱ったりするようにしましょう。犬をしつけるときには叱るということより、褒めると言うことが有効的です。この習性を利用して、犬をしつけるようにすると犬自体は苦痛を感じることもなくしつけできるようになります。また逆に良いことをした場合は、思いっきり誉めてあげましょう。

続きを読む

犬のトイレのしつけ−トピックス

犬のトイレのしつけ についての巷の噂?

トイレをしつけるときには子犬の方がしつけしやすいのですが、成長した犬でもきちんとしつけることができるので諦めてはいけません。また子犬のうちにトイレをしつけるときには、サークルの中にトイレを作ってその中から出さないようにしてトイレを覚えさせるのも早いしつけの方法だと思います。またトイレがきちんと決められた場所でできたら排泄が終わった後すぐ褒めてあげるようにしましょう。できなかったときは何もしないで無視してください。

飼い主は犬の行動をよく見ておいて、いつもと違った行動をとった場合にどういう原因があるのか気づくことがそれを解決する近道になります。失敗したことを叱るよりも、できたことを褒めてあげたほうがより犬はトイレを早く覚えてくれると思います。それが「褒める」ということです。このトイレのしつけがきちんとできれば一人前です。

続きを読む

犬のしつけ方のコツ質問箱

犬のしつけ方のコツ の世間の評判?

あとで「あのときいいことしたねー」なんて誉めてあげても犬には何のことか分かりません。この習性を利用して、犬をしつけるようにすると犬自体は苦痛を感じることもなくしつけできるようになります。また逆に良いことをした場合は、思いっきり誉めてあげましょう。例えば、小さな子供がいる家庭の場合、犬と子供が仲良くまるで兄弟のように育ってしまう場合があります。

犬をしつけるときのポイントとして、犬が混乱しないようにしつけを注意しなければなりません。叱るときも、褒めるときも名前を呼ばれていると犬はどっちで呼ばれているのか分からなくなり、名前を呼ばれる=叱られている、または名前を呼ばれる=褒められていると認識していまい、しつけがうまくいかなくなります。ちょっと悪いことしても「仕方ないなー」なんて言ってついつい許してあげたくなっちゃいますよね。犬に人間の言葉をたくさん覚えさせようとしても無理がありますよね。

続きを読む

犬のしつけ方の最新情報

このブログでは、犬のしつけ方のことを調べました。

おなかを飼い主に見せることで、飼い主のほうが上なのだと主従関係をはっきり犬に示すという意味も持っています。犬は主従関係というものを大切にしています。ですから、生後3?12週目くらいの時期にしつけを行うのが最も覚えてくれると思います。しつけの具体的な方法としては、何かが上手にできたときには、タイミングよくほめてあげ、いけないことをしたときには、短く覚えやすい言葉で叱ってあげることです。

顔つきも赤ちゃんの顔つきではなく子供の顔つきに変わってきます。このように、生後何ヶ月かで人間で言う小学校入学レベルまで成長するのであれば、本当に生まれてすぐのあたりからトイレのしつけなどは始めておいたほうがいいと思います。飼い主と犬がよりよい共同生活を送るために、是非しつけは行うようにしてください。これを回避するためには子犬のうちから触っても大丈夫なようにしつけをしておく必要があります。

続きを読む

犬のしつける方法の豆知識

最近、気になる犬のしつける方法について紹介します。

同じ事を何回も言っているのに全然言うことを聞いてくれないとか、他の犬とついつい比べてしまうとかよく感じてしまうことですよね。返って信頼関係が失われしつけどころではなくなります。その声を犬が聞くとこれは褒められているのか?とか勘違いしてしまう場合があります。これではしつけができませんよね。

犬には体罰と言うのは必要ないと思います。ですから、飼い主側も焦らず根気強く何回も同じ事を教えていくようにしましょう。また、子犬と飼い主だけの世界になりがちだとは思いますが、その世界だけではなく、外の犬と触れ合うなど世の中には自分の他にも色々いるんだということを子犬に教えてあげて、社会性がある犬に育てるように心がけておくのもいいことだと思います。例えば、おもちゃを犬と飼い主で取り合いをして飼い主が勝つとかして、誰がリーダーであるかをきちんと教えておきましょう。

続きを読む

「こい」「ふせ」「よし」「おすわり」のしつけ方についての関連情報

「こい」「ふせ」「よし」「おすわり」のしつけ方 についての巷の評判を集めてみました。

最初のうちは犬のほうも何に対して褒められているのかわからないと思いますが、何度もこの行動を繰り返しているうちに、ポーズと「おすわり」という号令が結びついてくると思います。これを繰り返していくと徐々に伏せができるようになってきますよ。次に「ふせ」のしつけです。この「よし」を覚えると、犬は「OK」と意味で認識しますので、何でも「よし」でスタートするようになると思います。

言い方ですが「よし!」と少し口調を強めて発音するようにしましょう。同様に「マテ」も大切なしつけの一つです。「ふせ」は「おすわり」と同じような感じですので片方できればいいとは思うのですが、できることなら両方できるようにしつけておいたほうがいいと思います。そのためには、徐々に留守番をする時間を長くしていき、帰ってきたら「いい子で留守番してたね」といっぱい犬を褒めてあげましょう。

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。